本文へスキップ
ビーソルのロゴ

減塩ネットは、減塩と健康を応援するための情報を集めたポータルサイトです。

スタッフの商品体験レポート

スタッフ体験レポートインデックス > レポートNo.001「昆布革命&昆布水の減塩レシピ」

レポートNo.001 「昆布革命&昆布水の減塩レシピ」


減塩ネットスタッフが”昆布水”&”昆布水の減塩レシピ”を体験しました!

減塩料理を作るときに欠かせない「だし」。市販のだしの素は塩が入っているので、自分で昆布のだしをとりたい!でも、少々手間がかかるからと思っている方には朗報です。
今回紹介する「昆布革命」は、手間なく簡単に昆布だしを取ることができ、しかもだしがらの昆布をとっても美味しく有効活用できる優れもの。 この「昆布革命」を使って減塩ネットのスタッフが減塩料理を作りました。

簡単・美味しい昆布だしが出来る「昆布革命」 

「昆布革命」は、北海道産の利尻昆布、羅臼昆布、日高昆布、釧路昆布、真昆布を細切りにしブレンドしたものが10gずつ入った個包装になっています。
(右下の写真)
昆布だしを1リットル作るのに「昆布革命」1袋を使います。
”手間無く、無駄なく、簡単に、美味しく”昆布だしが作れるのが「昆布革命」です。

「昆布革命」で作っただし汁をここでは”昆布水”と言います。



水に入れておくだけ! ”昆布水”作り

昆布革命と昆布水

”昆布水”の作り方はとっても簡単。
ガラスのポットに「昆布革命」1袋(10g)を入れ、水1リットルを注ぐだけ。

左の写真は作りたての”昆布水”。

ふやけた昆布3時間以上、できれば一晩冷蔵庫においておくと、断面から昆布エキスがじわじわ~っと出てきて”昆布水”のできあがりです。

右の写真は3時間以上経ってふやけてきた昆布。





昆布水を使った減塩レシピ本

昆布水の減塩レシピ 大阪天神橋昆布問屋

「昆布革命」を考えた昆布問屋”天満大阪昆布”のご主人(喜多條さん)が、自宅でいつも作っている”昆布水”を使った減塩料理レシピです。”昆布水”を使うことで旨みを増し、他の調味料をあまり使わずに”楽に美味しい減塩料理が作れる”ので、減塩料理作りに苦労している人にとっては救世主のような本です。

また、だしをとった後の昆布も無駄なく使えるよう調味料に漬けた「万能だれ」が9種類紹介されています。

このレシピ本の中から、減塩ネットのスタッフがオススメする料理&食べてみたい料理を作りました。




さつまいもご飯(昆布水を使用)

写真とっても簡単にできる「さつまいもご飯」です。調理時に調味料を一切使わない超減塩料理です。

<材料> 2~3人分
1.米 2合(360ml)
2.さつまいも 中1/2本(約100g)
3.”昆布水” 1と3/4カップ(約360ml)
4.いり黒ごま 小さじ1

<作り方>
一般的なさつまいもご飯を作るときに入れる調味料は、一切入れません。
水のかわりに”昆布水”を入れます。

1.米は洗ってザルに広げ、20~30分おく。
2.さつまいもは2cm角に切り、水に約5分さらす。
3.炊飯器または土鍋に米を入れ、その上にさつまいもを平らにおいて、”昆布水”を入れて炊く。
4.炊き上がったらすぐに上下を返して器に盛り、いり黒ごまをふる。


  


さつまいもご飯を作ったスタッフの感想

今回、レポートを担当したスタッフ”さと”です。
まず、”昆布水”だけで美味しいさつまいもご飯ができることに、とっても驚きました。
炊き上がって釜の蓋を取ったとき、炊き立てのお米とさつまいもの良い香りがして、とても美味しそうに出来上がりました。

最初のひと口、ホクホクのさつまいもと熱々のご飯を一緒に食べてみると、昆布水だけで炊いたとは思えない!とっても美味しい。
今まで自分が作ったさつまいもご飯には、市販の昆布だしの素と塩を少々入れていましたから、 今までの味付けは何だったの?余計な塩分を摂っていた?調味料の無駄遣い?と思ってしまいました。

昆布の旨みがたっぷり入っていると、塩味が薄くても、とても美味しく食べられることを実感した料理です。

ただ、減塩を始めたばかりの方には少し薄味に感じると思います。
減塩料理に慣れた方、薄味が好みの方におすすめです。


肉じゃが(昆布水・オリーブ油昆布を使用)

写真シンプルな味付けがおふくろの味を思い出させます。少ない調味料で美味しい肉じゃがが作れました。

実際にスタッフが調理したときの材料です。調味料の量はレシピどおりに入れています。こちらは材料のみ紹介します。
<材料> 2人分
・にんじん 1/4本
・じゃがいも 1個(約75g)
・玉ねぎ 1/2個
・豚バラ肉 100g
・昆布水 大さじ2と1カップ
・オリーブ油昆布 大さじ2
・砂糖 大さじ1と1/2
・しょう油 大さじ1と1/2
今回の調理では、しょう油を減塩しょう油に変えて調理しています。(食塩相当量:1.05g/1人分)


この「肉じゃが」に使ったオリーブ油昆布は、「昆布水」を作った後の昆布の水気を切って容器に入れ、ひたひたになる量のオリーブ油を入れたものです。 (右の写真)

レシピにも書いてありましたが、オリーブ油昆布は”和食の料理にも使える”、
その通り!
肉じゃがの美味しさを倍増させてくれました。

レシピに書いてある調味料のしょう油の使用量が少ないので、煮物としては減塩調理になっています。また今回は減塩しょう油を使ったので、さらに減塩調理になりました。

この「肉じゃが」は、減塩を始めたばかりの方、減塩に慣れている方、減塩していない方、み~んなが美味しく食べられる料理だと思います。
作り方も簡単で、短時間で作れました。
当サイトのスタッフも美味しい!と、とても好評でした。


昆布とたっぷりしめじのスクランブルエッグ(昆布水・オリーブ油昆布を使用)

昆布水を使ったスクランブルエッグたっぷりのしめじでビタミンBと食物繊維が摂れます。しめじをさっと炒めて食感も楽しむ料理です。
こちらは材料のみ紹介します。

<材料> 2人分
・卵 2個
・しめじ 1パック
・昆布水 大さじ3
・オリーブ油昆布 






しめじの香りと食感を楽しむことで、薄味を感じさせない料理です。
味付けに塩を使っていないので、もの凄~い減塩料理です。
食事メニューで、塩分が多めな料理の時に組み合わせると、1食分のトータルの塩分摂取量を抑えることができると思います。減塩料理に慣れた方、薄味が好みの方におすすめです。


「昆布革命」と「昆布水の減塩レシピ」はおすすめです

料理をする方にとって、減塩になるような工夫やレシピを考えて調理することは大変なことです。でも、こんなに簡単に昆布のだし汁が作れて、だしがら昆布も使い切ることができる昆布と減塩レシピがあれば、減塩料理の幅が広がり、調理をする方は気持ちが楽になるのではないでしょうか。
昆布は健康や美容に良いので、「昆布革命」を上手に使って減塩料理を作ってみることをおすすめします。

<昆布のいいところ>
 ・生活習慣病の予防になる
 ・脂肪吸収を抑制し、デトックス効果がある
 ・美肌効果がある
 ・食物繊維を多く含み、便秘によく効く
 ・ビタミン、ミネラルの宝庫
  ※上記5項目は「奇跡の昆布革命」より引用しました。



昆布水レシピ本の紹介

今回紹介した「昆布水の減塩レシピ」以外にも昆布水を使ったレシピ本がありますので紹介します。
購入される方は、レシピ本の画像をクリックしてください。(Amazonのサイトジャンプします)

      




昆布革命のご購入はこちら


今回紹介した「昆布革命」は、天満大阪昆布さんのネットショップで購入できます。
「昆布革命」と昆布水を作るポットのセット・10g×10個入り 1,050円(税込み)
・10g×30個入り 2,835円(税込み)
・100g袋入り 840円(税込み)
※原料、送料の高騰により7月1日(火)より、販売価格を改正するそうです。

右の写真→
「昆布革命」と昆布水を作るポットのセットもあります。1,470円(税込み)

天満大阪昆布ネットショップはこちらから


「昆布革命」に関するお問い合わせは下記へお願いします。
 ・TEL 0800-300-5283(フリーダイヤル)
 ・メールアドレス:info@shop-kombu.com


昆布おじさん登場! / ダ・ヴィンチ 電子ナビ 特集ページ

昆布水と減塩レシピの紹介網ね
今回紹介した”昆布水”と”減塩レシピ”が、ダ・ヴィンチ電子ナビの特集ページで紹介されています。
昆布と脂肪を一緒に食べると、昆布に含まれるアルギン酸が脂肪とくっついて便となって排出されるのでダイエットにも良いとか、焼き豚入りレタスチャーハンやちりめんじゃこ入りオムレツなどのレシピも掲載されています。
昆布おじさんこと、天満大阪昆布の社長”喜多條さん”が楽しいイラストで登場し、昆布水のお話をしていますのでぜひご覧下さい。

ダ・ヴィンチ 電子ナビ 特集「ダイエット効果もアリ! 今話題の”昆布水”で減塩レシピを作ってみた」はこちらから




スタッフ体験レポートインデックス > レポートNo.001「昆布革命&昆布水の減塩レシピ」








減塩商品と減塩に関するサービスを提供する企業の方へ


「減塩を楽に、楽しくできる減塩食品・減塩グッズ・減塩関連サービスを大募集!」

「スタッフ体験レポート」で減塩商品・サービスを紹介したい企業様・メーカー様がいらっしゃいましたらご連絡ください。

掲載する場合、商品のサンプルをご用意いただく等の条件がございます。また、商品・サービスにより条件が異なりますので、一度こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせ下さいますようお願い致します。
お問い合わせお待ちしております。



(C)減塩ネット