本文へスキップ

減塩ネット - 高血圧症、糖尿病、腎臓病などの方の減塩と健康を応援するための減塩&健康情報を集めたポータルサイトです。

減塩商品の宣伝なら減塩ネットで

塩と体のはなし

塩と体のはなしTOP > 塩分を摂り過ぎると

塩分を摂り過ぎると

「体内で何が起きるのか」

○○○○○○○○イメージ

飲食物で塩分を摂り過ぎた時、その直後から体に現れる症状をみて見ましょう。
皆さんが食事等でしょっぱい物を食べた後に起こることばかりです。

体に現れる症状1 -のどが渇く-

摂取した塩分は、体内でナトリウムとなって骨や細胞外液(血液や消化液)などに運ばれますが、ナトリウムの運び役のカリウムの摂取が不足していると、カリウムの変わりに体液(水分)を取り込み塩分濃度を薄めようとします。 塩分濃度を薄めるために水が必要なので、のどが渇くのです。

体に現れる症状2 -血圧が上がる-

塩分濃度を薄めようとしするために、水分(尿や汗)の排出も抑えられます。 このとき、細胞外液(血液など)に水分を多く取り込もうとするため、血液量が増え血圧が高くなります。

体に現れる症状3 -むくむ-

水分を多く取り込もうとして、溜め込んだ水分が細胞からあふれると細胞周囲にたまります。これが「むくみ」となります。


「塩分を摂り過ぎた結果」

塩分の摂り過ぎが原因といわれている病気を見てみましょう。

高血圧症

塩分の過剰摂取が続くと、ナトリウムを排出するために血液内の大量の体液交換が行われ、血圧の高い状態が続くため、高血圧になると考えられています。 また、ナトリウムの排出は主に腎臓の濾過機能によって行われますが、大量のナトリウム排出によって、腎臓に負担がかかり濾過機能が衰えてきます。 このとき濾過機能を十分に働かせるため、自律神経が腎臓を通る血液量を増やし血圧が高くなります。 塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になるとかんがえられます。

腎臓疾患

過剰な塩分摂取が続くと、ナトリウムを排出するために、腎臓は一生懸命濾過作業を続けます。これが腎臓に負担をかけ、徐々に濾過機能が衰えてくるため、腎臓疾患の原因になる可能性があります。

不整脈や心疾患

ナトリウムは、カリウムと一緒に細胞間を移動する事で電気刺激を細胞に伝え、筋肉の伸縮を行います。心臓は心筋(心臓の筋肉)に電気信号が伝わることで鼓動しています。塩分過剰な状態が続くと刺激伝導に異常が起こり、心臓の鼓動が不規則(不整脈)になる可能性があり、ひどい状態になると、心疾患を引き起こす可能性が高くなります。




そのほかの塩と体のはなし
塩の働き
人間の体に必要な塩分量
過剰な塩不足は命に関わる
塩分を摂り過ぎると
ナトリウム量を塩分換算する
塩分を摂り過ぎたらどうする?

サントリーウエルネスオンライン

バナースペース


--ご協力お願いします--