本文へスキップ

減塩ネットは、減塩と健康を応援するための情報を集めたポータルサイトです。

梅干しのはなし

梅干し・梅漬けについて

梅干しとは

梅干のイメージ 梅干しは、6月頃に収穫する熟した梅の果実を塩漬けした後、3日ほど日干しにしたもです。この状態を「白干し梅」といいます。塩漬けしたときの塩分量は20%前後で、保存性に優れています。

市販されている梅干しの「はちみつ漬け」、「かつお節梅」、「昆布梅」などは、『調味梅干し』といい、白干し梅を水に漬け、塩分を減らしたものに味を加えたものです。

調味梅干しは塩分が少ないことで保存性が下がるため、賞味期限が普通の梅干しより短く設定されています。開封後の保存方法も冷暗所ではなく、冷蔵庫と書いてあるのはそのためです。


食べたいけど食べられない!? 塩分が気になる梅干し

減塩をしてる方は漬物類の食品を食べ過ぎないように指導されているため、梅干しは食べても良いのだろうか?と疑問に思うはずです。確かに昔からの製造方法で作られた梅干しは塩分20%以上のものですから、塩分はとても多いです。

しかし、塩分20%と言っても、梅干し一粒で食塩相当量は何グラム?こんな疑問が湧いてきます。
梅干し作りに使われる塩の量は、梅干しメーカーや各家庭により違いますので、塩分○○%と言っても食塩相当量はいくつなのか分かりません。

そこで、近所のスーパーで買ってきた梅干しの、一粒の可食部分の食塩相当量を計算してみました。

<ご了承ください>
・梅干しの大きさ、可食部分の重さは、製造メーカーや使用している梅によって違います。
 下記食塩相当量は目安としてご覧下さい。

【本場紀州 昔ながらの梅 塩分約16%】
  • 可食部100gあたりの食塩相当量:15.40g
  • 1粒の可食部(14.59g)の食塩相当量:2.247g
  • 梅干しの大きさ  直径約3.0cm
    種付きの状態の重さ 18.44g
【紀州南高つぶれ梅 塩分8%】
  • 可食部100gあたりの食塩相当量:8.54g
  • 1粒の可食部(11.70g)の食塩相当量:0.999g
  • 梅干しの大きさ  直径約3.3cm
    種付きの状態の重さ 16.92g
【減塩 紀州産南高梅はちみつ 塩分5%】
  • 可食部100gあたりの食塩相当量:5.0gg
  • 1粒の可食部(8.63g)の食塩相当量:0.432g
  • 梅干しの大きさ  直径約2.2cm
    種付きの状態の重さ 11.66g

梅干しに関する参考サイト

紀州梅干館
紀州梅効能研究所




減塩商品のはなしインデックス > 梅干しのはなし


サイトをご覧になっている方へ

掲載している情報の正確さには万全を期していますが、減塩ネットは利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任を負いません。
当ウェブサイトに掲載されている内容に関していかなる保証をするものではなく、当ウェブサイトの掲載内容は予告なしに変更又は削除される場合があります。予めご了承ください。


バナースペース