本文へスキップ

減塩ネットは、減塩と健康を応援するための情報を集めたポータルサイトです。

ドレッシングのはなし

ドレッシングの食塩相当量

ドレッシングの食塩相当量は商品によってかなり違います

サラダとドレッシングのイメージドレッシングの栄養成分表を見ると、約大さじ1杯(15g)で、食塩相当量0.3g~1.09gくらいまで様々でした。
同じドレッシングでも(例えばごまドレッシング)でもメーカーによって、使用する原材料、配合などで食塩相当量がかなり違います。


低塩のドレシング

サウザンアイランド、フレンチドレッシングなど洋風ドレッシングは比較的低塩です。
約大さじ1杯(15g)で、食塩相当量0.4g~。和風ドレッシングでは『ごまドレッシング』が約大さじ1杯(15g)で食塩相当量が0.5gのものがありました。
※塩分は少なめでもカロリーは高めが多いです。


塩分が多めなドレッシング

和風ドレシング系で、しょう油を使ったノンオイルドレッシングです。約大さじ1杯(15g)で食塩相当量が0.9gのものもありました。
※ノンオイルのドレッシングは塩分は多めでも、カロリーは低いです。


減塩ドレッシング

減塩ドレッシングの食塩相当量は、約大さじ1杯(15g)で、0.3gくらいがほとんどです。
化学調味料・合成着色料・合成保存料無添加のものがありますので無添加にこだわる方には減塩ドレシングをオススメします。


★栄養成分表を確認しましょう!

ドレッシングはサラダにかけるだけでなく、豆腐、湯で野菜、パスタなどの味付けにも使うことができるとても便利な調味料ですが、たくさん使うとかなりの塩分を摂取してしまうので注意が必要です。
購入するときは、必ず『栄養成分表』を見て、食塩相当量を確認してください。

ドレシングをたくさん使った料理を食べたいときは、その他の料理で使う塩分を少な~くしましょう。そうすれば1回の食事で摂取する塩分量を抑えられます。食事のメニュー、調理方法、味付けのバランスが大切です。


市販の減塩ドレッシング

  

減塩ドレッシングの商品ページへ

主なドレッシングメーカーのサイト

ドレッシングの種類、栄養成分等、商品情報がたくさん掲載されていますので参考にしてください。
キューピードレシング
マコーミック ドレッシング紹介ページ
ピエトロ ドレッシング紹介ページ
理研ビタミン ドレッシング紹介ページ


「自分で作ろう! 簡単! 減塩ドレッシング!」

減塩ドレッシングを近くのスーパーで買おうとしてもなかなか売っていないし、ネットショッピングでドレッシングだけを買うのも・・・と思ったら、自分で減塩レッシング作りにチャレンジ。

【減塩ドレッシングの作り方参考サイト】
>減塩に有効なドレッシングの作り方
こちらのサイトには、ごまドレッシング、おろしドレッシング、オニオンドレッシング、シソドレッシング、ユズドレッシング、  キュウリドレッシングのレシピがあります。


減塩商品のはなしインデックス > ドレッシングのはなし


サイトをご覧になっている方へ

掲載している情報の正確さには万全を期していますが、減塩ネットは利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任を負いません。
当ウェブサイトに掲載されている内容に関していかなる保証をするものではなく、当ウェブサイトの掲載内容は予告なしに変更又は削除される場合があります。予めご了承ください。


バナースペース