本文へスキップ

宅配食の種類(減塩、たんぱく質制限、糖尿病向けなど)、料理のパック例などを掲載しています

宅配食のはなし

減塩商品のはなしインデックス > 宅配食のはなし

宅配食について

宅配食の種類について

  

宅配食は減塩食のほか、健康状態、病状、嚥下機能、高齢等によって、いくつもの種類があります。
減塩対応の宅配食
例えば
・高血圧の方向け
・生活習慣病予防用
・糖尿病の方向け
・心臓病の方向け
・腎臓病、人工透析中の方向け
・噛む力の弱い方向け
・嚥下機能が低下している方向け
などがあります。


宅配食メニュー(献立)

病状、健康状態等に合わせたメニューを作るため、管理栄養士がメニュー作りを監修している宅配食会社がほとんどです。
また、宅配食会社によっては、管理栄養士が宅配食選びの相談にのってくれたり、食生活のアドバイスをしてくれます。

発送・配達してくれる地域について

宅配食が『冷凍』のものは全国へ発送してくれます。ただし、沖縄・離島は対象外の場合もあります。
宅配食が『冷蔵』のものは、配達地域が限られています。
注文の際は、宅配食会社に発送・配達が可能な地域かを確認してください。

料理のパック例

発送・配達される料理のパック方法は、主に3種類あります。

  • 1回分の料理すべてが1つのパック容器に入って冷凍されているもの。(右の写真タイプ)
    おかずだけがパックされているものが多いです。
  • 料理ごとに個別にパックされていて、冷凍されているもの。
  • 1回分(1食分)の料理が全てひとつの容器(仕出し弁当のような容器)に入っていてて冷凍ではないもの。 ご飯も一緒に入っているものが多いです。

冷凍の宅配食の良いところ

冷凍の宅配食は、何食かまとめて宅配便で届くこと。受取り時間を指定すれば自分の都合の良いときに確実に受け取れます。
そして、冷凍の宅配食の容器は電子レンジ対応ですから、パックごと『食べたいとき』に電子レンジで温めるだけです。

また、冷凍でも一品ごとに個別パックされているものは、湯せんまたは自然解凍するか、電子レンジで温めます。料理ごとに美味しい状態で食べることができます。

※宅配食のパックの仕方や料理によって、温め方や温める時間が違います。同封している説明をよく読んでください。


冷蔵の宅配食の良いところ

冷蔵の宅配食は1食または2食分を専属のドライバーが配達してくれることで、宅配食を受け取る人に変わりは無いか確認ができることです。
また、冷凍の食事が苦手な方にはおすすめです。

※宅配食会社によっては専属のドライバーでは無い場合があります。


各社のサイトをよくご覧ください

宅配食の会社によって、料理のカテゴリ、品数、パッケージ、料理の温め方などが違います。 また、食事をする方の病気や病状によっても選ぶコースは違います。
必ずサイトをよくご覧になって注文・契約しましょう。
分からないことや疑問に思うことは「よくある質問」ページに書いてある場合があります。「よくある質問」ページを見ても分からないときは宅配食の会社へ問い合わせましょう。

関連ページ

お塩の写真減塩塩のはなし
減塩の塩について、塩メーカー情報
瓶入りしょう油の写真しょう油のはなし
減塩しょう油の価格が高い訳、しょう油メーカーの紹介
味噌の写真みそのはなし
みそ汁作りの工夫、飲み方の工夫、食塩相当量の計算
かつおとこんぶの写真だしの素のはなし
食塩相当量の比較、自分で作る減塩昆布のだし汁
マヨネーズの写真マヨネーズのはなし
主な原材料と塩分、商品別の栄養成分表
ケチャップ写真ケチャップのはなし
商品別栄養成分表とケチャップメーカー
ソースをかけている写真ソースのはなし
ナトリウム量の比較、ソースは別皿ちょこっと付け
コンソメスープの写真コンソメのはなし
ブイヨンとコンソメの違い、商品別栄養成分の比較
めんつゆにそうめんを入れている写真だしつゆ・めんつゆのはなし
ナトリウム量だけで判断はダメ、麺類の塩分に注意ほか
瓶に入った酢の写真酢・ポン酢のはなし
ぽん酢の種類、お酢の良いところ
ソースをかけている写真ドレッシングのはなし
ドレッシングの種類と塩分について
梅干しの写真梅干しのはなし
パーセンテージと塩分、商品の比較ほか
ソースをかけている写真宅配食のはなし
宅配食の種類・メニュー、配達地域、料理のパック例ほか

サイトをご覧になっている方へ

掲載している情報の正確さには万全を期していますが、減塩ネットは利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任を負いません。
当ウェブサイトに掲載されている内容に関していかなる保証をするものではなく、当ウェブサイトの掲載内容は予告なしに変更又は削除される場合があります。予めご了承ください。


バナースペース